雨上がりの空 星を数えた夜に
こぼれた雫は 揺れる世界を映す

あらゆる事象(いのち)が二律背反(アンビバレンス)を抱えて
流れる日々の中で 瞬く

儚く散る花も 吹き荒れる風も
過ぎ行く今の証

刹那を生きるものへ あまねく届く歌が
自由の果てへ駆り立てるだろう 「生き抜け」と

We will find the way
誰もが等しく希望という種を持った メグルモノ
こじ開けた扉は語ることなく かすかな雲間に 星は巡る

月が太陽に焦がれ 背にすがるように
小さな祈りが 時に摂理を喰らう

視界に群がる憧憬を振り切れぬまま
無為に紡ぐ言葉は儚く


差し伸べられた手のぬくもりはやがて
かがり火に変わるだろう


その熱はいつの日か 誰かの道を照らし
行く先さえ塗り重ねていく
焦燥や後悔を飲み込みながら 続いていく

Feel ideal dreams …
誰もが等しく 理想という枷を持ったメグルモノ
名前のない物語を終える時 青い灯火は 何を描く

誰がためにと

眼に映る誰かを愛おしく思うほど 種はきっと芽吹くだろう
美しく醜いこの世界には 何もかもが在る

We will find the way
誰もが等しく希望という種を持った メグルモノ
誕生(はじまり)と終焉(おわり)は奇跡のもとに
手を取り合い また 時は巡る

幾度となく
巡り
巡る
編集:@anime_magic__