どうして 希望を持つひとだけ
心に 絶望を知るのだろう
どうして 勇気を持つひとだけ
名誉の果てに 傷を負うのだろう

悲しい出来事に 目を伏せたくなくて
新しい夜明けを 夢と名付けてみせた
ねじれた 夜の隙間に 光がおちる
空が泣いているよ

世界の果て なんて 知らないけれど
この手が届く場所は 守りたくて
戦う理由 ひとつ 睨みつけた
許しあうことの 答えになる 僕らは
負けちゃいけない

たとえば 言葉が違くてもいい
生まれたところが 違くたっていい
知らないことを知ろうと 触れあう瞬間
開け放つ窓から 未来の匂いがした
ほどけた手のひらに 重なる人の影
愛つのる やさしい世界

綺麗なもの なんて 要らないけれど
汚れてしまう程に 胸が痛いよ
命の定義 ひとつ 刻みつけた
孤独な正義を 振りかざす 奴らなんかに
負けちゃいけない

そんな風に僕は
何度も言い聞かしていくんだ
二度と戻れない過去が 遠くで叫ぶよ
「ほら 死ぬより怖いことがさ、あるだろう?」
敗北も勝利も 大嫌いなんだ

世界の果て なんて 知らないけれど
この手が届く場所は 守りたくて
戦う理由 ひとつ 睨みつけた
許しあうことの 答えになる 僕らは
負けちゃいけない

編集:@rosecat_96