Title

待宵月 歌詞

アニメ:プリマドール

Other

作曲:

作詞:

編曲者:

待宵月 歌詞

きらきらした街並み 知らない風の香り
期待と不安が混ざった 淡い匂い

知らない“ミチ”の先 踏み出す時は
少し勇気がいるけど
遠くから 見てるだけでは
気づけないものがある きっと…

昼の空ひっそり浮かぶ 白い月のように
毎日に潜んだ ステキ探そう
“勇気”という光照らし 見てみたい未来(けしき)へ
時計回り 進んでこうよ ずっと…

眠りにつく街並み 空には待宵月
ほんのちょっと欠けて あと少し足りない 自分みたいに見えた
足りないじゃなくて 見えてないだけきっと なにも失くしてない…

胸の奥 仕舞い込んだ ▽(おもい)を出してみなくちゃ
本当の可能性(ひかり) なんて分からない
ココロの目じゃなきゃ見えない “予感”って合図たどり
知らない自分を 見つけたいんだ もっと…

もっと泣いて笑って… そっとココロ放って… 振り返らず
いつも今日が始まりで 現在(ここ)は地図の真ん中
どこにだって踏み出せるよ
飲まれないで眩しさに 自分だけの光で
明日を さぁ照らすよ

富田美憂 「待宵月」のMV/PV

プリマドール他の曲

プリマドール関連楽曲

待宵月を歌う歌手のアニソン一覧

プリマドールへのコメント

好き嫌い投票!

プリマドールを好き嫌い

9
0

「プリマドール」に関してコメントする!

コメントはまだありません。一言コメントをどうぞ!