Other

作曲:

作詞:

編曲者:

外道讃歌 歌詞

全部 期待して見た 幻だった
信じたかった 縋りたかった ah
体の奥底に空いた 螺旋状の穴
僕だけじゃなく 君にもなんだね

許されることなど もう 望んじゃいない
抱き寄せてもまだ 分からないシルエット
躊躇いもなく傷付けた代償が

君の相貌は 揺れて僕を離れた

どちらが欲しいか なんて
残酷な問 神様は
何度 僕らに 投げかける

道を違える度に 僕の後ろに
穴が空く 伸びた一本の影

誰もが 手にしうる 小さな欠片で
何が(何を)できる?

どちらが欲しいか なんて
残酷な問 神様は
何度 僕らに 投げかける

何も理解せず 飲み込んでった
見たくなかった 触れたくなかった ah
体の奥底に芽吹いた あの花の種
君だけじゃなく 僕にもなんだよ

触れられない温度に願うくらいなら
作り物の姿でも自身を望む
君が僕 見つけてくれないとしても
たった一人で 見つけ出すだけだから

どちらも 手に入れようと 失ったもの
神様に 抗うとしても 取り戻すと
痛みに誓うたびに 僕の背中に匣が開く
刻まれた無数の傷

誰も選ばない選択肢をこの手に
何が(何を)できる?

どちらも 手に入れようと 失ったもの
神様に 抗うとしても 取り戻す

君が(君が)君が(君が)
生きているなら(生きているなら)
僕は(僕は)僕は(僕は)
死んでいるだろう(死んでいるだろう)
僕が(僕が)僕が(僕が)
生きているなら(生きているなら)
君は 死んでいるだろう
背を向けて 僕ら

全部 期待して見た 幻だった
信じたかった 縋りたかった ah
体の奥底に空いた 螺旋状の穴
僕だけじゃなく 君にもなんだね

どちらが欲しいか なんて
残酷な問 神様は
何度 僕らに 投げかける

道を違える度に 僕の後ろに
穴が空く伸びた一本の影

誰もが手にしうる 小さな欠片で
何が(何を)できる?

どちらが欲しいか なんて
残酷な問 神様は
何度 僕らに 投げかける

ありふれた職業で世界最強(第2期)他の曲

ありふれた職業で世界最強(第2期)へのコメント

好き嫌い投票!

ありふれた職業で世界最強(第2期)を好き嫌い

25
0

「ありふれた職業で世界最強(第2期)」に関してコメントする!

2 21/12/10 21:45

やっとかー!!

1 21/12/10 15:08

待ってました❕