弔いと呼吸満たした雨の水槽
なぞった誰かがその指先を 楽園だと言ってた


海での気球に火がついて
落ちる君の顔が笑ってるように見えた


なぁ、そうだろう 最後のページ書いてあった
愛すること叶わなくともよ
間違えたまま僕ら 生まれてきたね
帰り道も思い出せずに ずっと ずっと

編集:@zasetudou

Other Songs