遙か、君のもとへ… 歌詞

遙かなる時空(とき)を越え 邂逅(めぐりあ)う人よ
君だけを ずっと 探し続けていた
幾千の悲哀(かなしみ)に 崩壊(くず)れそうな時は
刹那(せつな)さが止まるまで ここにいるから

愛する事の意味も 知らないままで 凝視(みつめ)ていたよ
無邪気な その眸(ひとみ)が あまりにも綺麗すぎたせいさ

忘れかけていた感情(もの)が 急に溢れ出して
泪(なみだ)になり 流れてゆくよ 光彩(ひかり)増して

永遠(いつ)までも 傍(そば)にいて 大切な人よ
君だけを ずっと 探し続けていた
幾千の暗闇(よる)を越え 邂逅(めぐりあ)えたから
決して もう離さない 君の身心(すべて)を

生まれた理由なんて 真実(ほんと)は もうどうでもいいのさ
生きてる誇らしさを 現在(いま) 胸に感じられるのなら

不器用なままでいいと 容認(みと)めてくれたから
少しだけ 好きになれたんだ 自分の存在(こと)も

遙かなる時空(とき)を越え 邂逅(めぐりあ)う人よ
君だけを ずっと 守り続けたい
幾千の悲哀(かなしみ)に 崩壊(くず)れそうな時は
刹那(せつな)さが止まるまで ここにいるから
孤独(ひとり)じゃないさ もう二度と

永遠(いつ)までも 傍(そば)にいて 大切な人よ
君だけを ずっと 探し続けていた
幾千の暗闇(よる)を越え 邂逅(めぐりあ)えたから
決して もう離さない 君の身心(すべて)を
抱き締めさせて このまま

遙かなる時空の中で〜八葉抄〜他の曲

遙かなる時空の中で〜八葉抄〜へのコメント

好き嫌い投票!

遙かなる時空の中で〜八葉抄〜を好き嫌い

9
0

「遙かなる時空の中で〜八葉抄〜」に関してコメントする!

コメントはまだありません。一言コメントをどうぞ!