Title

蜃気楼 歌詞

アニメ:砂ぼうず

Singer
Other

作曲: 岡素世

作詞: 長村楓

編曲者: 宮原恵太

蜃気楼 歌詞

傷だらけになった腕を 精一杯伸ばし
全てを手にしようとしてた

干からびた心の奥で
僅かに残る罪悪感(いたみ)を
押しつぶすように目を閉じる……

薄れた古すぎる記憶とともに

遠ざかる全てがかすんで見える
不自然にゆがんだ景色

叶うことない夢をまた目指して
鳥がゆくその先は ゆれる蜃気楼……

憎しみだけが住む心に
僅かに触れた優しさを
気づかぬフリして 突き放す

一人で歩けなくなりそうだから

誰かがくれた笑顔に 背を向けてしまえ
いつか失うものならば……

壊し続けた絆の欠片だけを
一握りだけ胸のポケットの中へ……

心に広がる砂漠 今 潤すのは
時折零れた涙

精一杯伸ばした 傷だらけの腕
受け入れてくれるのは 揺れる蜃気楼

砂ぼうず関連楽曲

蜃気楼を歌う歌手のアニソン一覧

砂ぼうずへのコメント

好き嫌い投票!

砂ぼうずを好き嫌い

5
0

「砂ぼうず」に関してコメントする!

コメントはまだありません。一言コメントをどうぞ!