淡いガラス玉みたいな 揺れるあなたの瞳を見たんだ
その奥に映ってる自分が やけに空っぽで寂しく見えた
「僕をあなたで満たしたい」
なんてこんな気持ちは初めてで
全部あなたが教えてくれた 僕も知らない僕を

どこの誰が 何を囁いたって
僕たちだけの秘密のサインが
あれば怖いものなんてないんだ
他に何も欲しくはない この手は離さぬように

きっと あなたを見つめたワンシーン そして僕は気づいてしまった
今日までのストーリーは全部 二人出逢うためのモノローグ
探してた僕の空っぽを埋める あなたがくれた感情が
重なり合えば ほら、幕が上がる

どんな悲劇も惨劇も 僕たちだけの結末を
あなたが悲しむエンディングなら 僕がそんなログ書き換えてやる
守りたい者のためならば 僕は悪魔にだってなってやる
あなたも知らぬあなたを知りたい 大切に暴いてあげる
優しく混ざり合うまで


もはや自分さえわかんない でも流されちゃうのもつまんない
そうやって斜に構えたプライドを振り回されるのも嫌いじゃない
「本当にこれでいいのかな」
「いつか傷つけてしまうくらいなら」
なんて僕は自分自身より君のことを信じたい

有象無象がゆらり手招いたって
あなたがくれるその言葉だけが
この世界の絶対の真理だ
他に何も欲しくはない 決して揺らがないように

きっと 何もかも曝け出しても それでも素直になれないのは
もう目を逸らせない心情を 見透かされることが怖いから
けどそんなあなたに惹かれてる その手のひらの上で踊ってる
惨めな僕のことを嗤ってよ

どんな理想も情景も リアルになれば明け透けで
それでもあなたを思えば 見つけられなかった鍵を開けて
まだ知らない日の陰りが その指先の一つ一つが
焼けるほど僕を焦がしている あなたが嫌いなあなたさえも
mi tesoro.

僕以外知らなくていいよ 二人が望む結末を
あなたが悲しむエンディングなら 僕がそんなログ書き換えてやる
守りたい者のためならば 僕は悪魔にだってなってやる
あなたも知らぬあなたを知りたい 大切に暴いてあげる
二人一つになるまで
編集:@soraaaa_bl