放て胸の深くまで
刺さって抜けない音になれ
いつだって信じて放て
僕である為

雨上がり水たまりを飛び越えて
映る世界を覗き込んだ
揺れる空に見とれた

気付けば目に見えない何かに
押し潰されそうになるけれど
振り返ると聞こえた
胸を張れ背中押す声

放て胸の深くまで
刺さって抜けない音になれ
いつまでも色あせずに
強く鳴り響け
流れ過ぎ去ってく今を
掴んで離さないでいて
いつだって信じて放て
僕である為

なにもない僕になにができるだろ
塞ぎ込んでた僕をよそに
君は変わらず笑った

何度も救われた
ごめんなありがと
立ち上がれたのは
君がいたから
高い空見上げた
込み上げた涙の訳は

叫べ強くなれなくても
涙拭って歩いてゆけ
誰か照らす光に
いつかなれるように
数え切れない日々の果て
あの日の音は聞こえるかい
いつだって怖くて不安です
失くしたくない

誰かに必要とされたいと
思うならここにいちゃダメでしょ
嘆き悲しみ泣くだけならば
そんな僕は必要ないんだ
信じるモノは僕が決めるよ
目には見えないモノもあるんでしょ
答えは僕が決める
さあ届け君の中まで

放て胸の深くまで
刺さって抜けない音になれ
いつまでも色あせずに
強く鳴り響け
流れ過ぎ去ってく今を
掴んで離さないでいて
いつだって信じて放て
僕である為
編集:@zasetudou

Other Songs