Title

灯火のまにまに

アニメ:かくりよの宿飯

Other

作曲:

作詞:

編曲者:

そっと心の奥 光宿した
灯火のまにまに

立ち込める八重が過ぎ
彷徨い歩き 淡き夢から覚め
一筋頬伝った涙の跡
滲んだ世界を彩る影

夜の帳 揺れる鬼火
遠い日の記憶
かくりよへ誘え

ゆらりゆらり舞い散る桜
心薄紅に染めゆく思い
あなたの横顔月夜が照らし出す
見上げれば
きらりきらり願いの欠片
幾千の星の様に煌めいて
心の宵闇に朝日が登るよう
灯火のまにまに

移ろい逝く時の風 出会い別れ
巡り巡りて また
花咲 身を結び 枯れた月日
あの日 微笑む 貴方の影

向かう先に立つ篝火
浮かぶ宙船よ
現し世へ誘え

くるりくるり俯く輪廻
感情の波が寄せては返して
あなたの瞳に写りしこの笑顔
信じれば
ひらりひらり 落ちる雫が
木漏れ日のように優しく包んで
心の傷跡そっと消されゆく
春風のまにまに

ひとつふたつ季節を重ね
みっつよっつと紡いだ絆
それはやがて誰かの笑顔 咲かすでしょ
失うことは容易いけれど
積み上げる事に意味があるなら
あなたのそばにいる
ただそれだけ

茜色に色付く空
長き夜が明けて

ゆらりゆらり舞い散る桜
心薄紅に染めゆく思い
あなたの横顔月夜が照らし出す
見上げれば
きらりきらり願いの欠片
幾千の星の様に煌めいて
心の宵闇に朝日が登るよう
灯火のまにまに
編集:@zasetudou

Other Songs