MENU
SEARCH
人混みをかき分け
ギターを背中に背負って
1人ぼっちの私を忘れる場所へ足を急がせる
街頭のスポットライト
試される私だけのステージ
想像して描き続けた世界が今動き出す

夜空に奏でたメロディに魔法かけよう
星にも負けない程輝けるんだから
叶えるのそう信じて
瞳に広がる景色を胸に刻んで
続いてゆく声が
私にしかない開かれた道を照らすの

立ち止まってまた歩き
揺れ動く街を眺めた
目が合っても言葉を交わすわけではないけれど
通り過ぎるヒールのリズムに誘われながら
重なり合う偶然が音符のように1つになる

夜空に奏でたメロディに魔法かけよう
星にも負けない程輝けるんだから
叶えるのそう信じて
瞳に広がる景色を胸に刻んで
続いてゆく声が
私にしかない開かれた道を照らすの


夜空に奏でたメロディに魔法かけよう
星にも負けないほど輝けるんだから
叶えるのそう信じて
瞳に広がる景色を胸に刻んで
続いてゆく声が
私にしかない開かれた道を照らすの
編集:@raiteiji