震えてる 雫のような瞳
謳うように 咲き誇る華
いつか 大切に 待ち続けていたから
つつまれて キミでいることに

かわる風 彷徨える丘
踏み出すために 戸惑いも勇気になる

奏でて 透明な愛で 運命を
画いて 愛の矢の夢を あざやかに

細波の 色を纏いながら
清らかに ころがるように
少し 綻んだ 頰笑みこそ かなえて
ふれた手に キミがいることに

開ける空 恥らいの闇
脱ぎ捨てて今 ゆらめきはゆだねた影

届けて 虹のような愛は 許された
画いて 愛の矢の夢を 誓いの時

かわる風 彷徨える丘
踏み出すために 戸惑いも勇気になる

奏でて 透明な愛で 運命を
画いて 愛の矢の夢を あざやかに
美しい 虹のような愛は 許された
輝く 愛の矢の夢を 誓いの時
編集:@1122_smts